文字サイズ

ホーム > 研究者紹介

研究者紹介

赤﨑 勇(あかさき いさむ)教授

世界初の高輝度青色発光ダイオード(青色LED)の発明者。1981年名古屋大学教授。1992年より名城大学教授 現在に至る。

受賞
  • 1995年 化合物半導体国際シンポジウム賞
  • 1995年 Heinrich Welker Gold Medal
  • 1998年 IOCG(国際結晶成長機構)ローディス賞
  • 2001年 朝日賞
  • 2002年 藤原賞
  • 2009年 京都賞
  • 2011年 IEEEエジソンメダル
  • 2011年 文化勲章
など受賞多数。

上山 智(かみやま さとし)教授

1985年名古屋大学工学部卒。1995年博士号(工学)取得(名古屋大学)。民間企業の研究員などを経て2007年現職。

専門
  • 窒化物半導体
  • 光物性
  • 白色LEDの開発
著書
  • 「ワイドギャップ半導体光・電子デバイス」(森北出版)
  • 「OptoeletronicDevices:Ⅲ-ⅤNitrides」(ElsevierScience)
など。
ホームページ

竹内 哲也(たけうち てつや)准教授

1990年名古屋大学工学部卒。1999年博士(工学)取得(名城大学)。海外を含む民間企業の研究者を経て2010年現職。

専門
  • 結晶成長
  • 半導体光デバイス
研究
現在の主な研究テーマは、窒化物半導体面発光レーザ
著書
  • 「Ⅲ-ⅤNitride Semiconductors : Applicationsand Devices」(Gordon and Breach)
など。
ホームページ

岩谷 素顕(いわや もとあき)准教授

博士(工学)(名城大学)

専門
  • 窒化物半導体の結晶成長技術
  • 電子・光デバイス全般
研究
主な研究テーマは、窒化物半導体による新領域エレクトロニクス開拓(LED、半導体レーザ、太陽電池、FET、受光素子)およびそれを実現するための結晶成長技術の開拓。
ホームページ